様々な疾患の元になる高血圧を改善するための知恵

HOME » 高血圧を改善する4つの方法 » 運動

運動

このページでは毎日の定期的な有酸素運動で高血圧の改善を図るための方法などを紹介します。

運動療法により高血圧の改善効果とは

高血圧は生活習慣病のひとつでもあり、予防や改善に運動が有効であることが知られています。

これを運動療法といいます。

運動することによって血管内皮機能が改善されて、結果的に血圧を下げるわけです。

また、有酸素運動を習慣化することで高血圧が改善されたという効果は、複数の治療によって報告されています。

高血圧改善のために実践したい運動とは

具体的にどの程度の運動をすれば良いかは個人差もありますので、ここでは一般論としての運動の目安を紹介しておきます。

高血圧改善の運動の代表例ウォーキング■運動の種類

ウォーキング、軽めのジョギング、水泳や水中ウォーキング、自転車といった無理のない有酸素運動

■運動する時間や頻度

1回10分以上の運動を1日合計30分以上。

基本的に毎日を目標とする。

■運動の強弱

身体への負荷が高い高強度の運動をすると血圧が上がりますし、かえってケガのリスクも出てきます。

運動強度でいうと、ややきついくらいの中強度であまり血圧を上げないようにするのがポイント。

運動習慣のないヒトの場合、手始めは通勤や買い物時のウォーキングなどから身体活動量を増やしていくのもいいでしょう。

既に高血圧症と診断を受けているヒトの場合、医師に相談の上で運動療法を実施してください。

運動するにあたっては準備運動と整理運動も不可欠。

最初から毎日30分の運動はハードルが高いかもしれませんが、週2~3回からでもいいので身体を動かす習慣を身につけることが大切です。

 
誰にでもできる高血圧の改善なび