様々な疾患の元になる高血圧を改善するための知恵

HOME » 高血圧を改善する4つの方法 » その他

その他

このページではストレスや睡眠、喫煙や飲酒など高血圧に関連する生活習慣の改善ポイントを紹介します。

高血圧改善のために生活習慣のストレスを減らす

高血圧改善のために生活習慣のストレスを減らす方法として入浴やアロマテラピーを紹介怒った時や緊張した時、動悸が激しくなったり一時的に血圧が上がったりします。

こうしたストレスは血圧上昇に無関係とはいえません。

高血圧を改善するためには日常的なストレスを減らすことがベターですが、仕事に関わるストレスなどは自分だけで状況を変えるのも困難。

そこで実践したいのが、ストレス解消のためのリラックス方法です。

入浴やマッサージ、アロマテラピーなど自宅で簡単にできる方法で、自分に合ったものを見つければ、ストレスを抑えることもできるでしょう。

また、温度差も血圧に影響することがあり、冬場の浴室やトイレの温度も、居室と温度差が大きくならないように注意したいものです。

睡眠不足や便秘も高血圧に無関係ではない

生活が不規則で睡眠が十分にとれないような生活だと血圧に良くない影響を与えます。

毎日同じサイクルでしっかり睡眠をとれば血圧が安定する時間を確保できますし、心臓や血管への負担も軽くなるのです。

また、便秘になりやすいヒトの場合、トイレでいきむことも血圧上昇になるので、食事改善で便秘をしないように注意しましょう。

なぜ睡眠不足が血圧に悪影響なのでしょうか?それは自律神経が関係しています。就寝時人は交感神経から副交感神経に切り替えることでリラックスし、脳や身体を休息。その際、メラトニンというホルモン物質も作られ、それにより血圧も下げて、眠りへと誘います。

しかし、睡眠の質が低下してしまうと、メラトニンが正常に作られないため、夜になっても血圧が下がらず、結果寝不足による慢性的な高血圧になってしまいまうのです。

このように血圧を安定させるためにも睡眠のの質は重要です。しかし、慢性的な寝不足の場合、なかなか治すことが難しい方もいるでしょう。そんな方は睡眠サプリを使うことも検討してみてはいかがでしょうか?睡眠サプリは副作用もなく、身体の中から不眠改善をサポートしてくれます。

また、テアニンの入ったサプリは、自律神経を整え、リラックスした状態で健やかな眠りに導いてくれます。

テアニンに関して詳しく知りたい人は、「眠れない人のための駆け込みサイト」の睡眠サポート成分テアニンの入ったおすすめサプリを確認してみてください。

タバコや過度の飲酒を止めて高血圧を改善する

タバコは百害あって一利無し!生活習慣病の大敵でもありますが、喫煙することで交感神経系を刺激して血圧上昇をもたらすという、直接的なリスクも確認されています。

高血圧に限らず、健康を考えるなら禁煙するのがベストです。

飲酒も度を過ぎれば血圧を上げます。

アルコール自体は一時的に血圧を下げるのですが、量が多過ぎたり習慣化してしまうと高血圧のリスク要因になります。

適量は個人差があるものの、ビールなら中びん1本までにするなど飲み過ぎないための基準を決めて生活することをおすすめします。

 
誰にでもできる高血圧の改善なび