様々な疾患の元になる高血圧を改善するための知恵

HOME » 高血圧を改善する4つの方法 » 治療薬

治療薬

このページでは降圧剤といわれる高血圧改善に用いられる薬の種類や副作用について紹介します。

6つの種類がある高血圧改善の薬の種類と効果

高血圧改善の薬の種類と効果を解説高血圧の薬には以下で紹介する6つの種類があります。

  • カルシウム拮抗薬
    血管を拡げる効果によって血圧を下げる
  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬
    ARBとも呼ばれ、血管を収縮するアンジオテンシンIIの作用を抑えることで血圧を下げる
  • ACE阻害薬
    アンジオテンシン変換酵素を阻害することで血圧を下げる
  • 利尿薬
    腎臓に働きかけてナトリウムとともに尿の排泄を促して血中の余分な水分を減らし、血圧を下げる
  • β遮断薬
    交感神経の興奮を抑えることで、心拍数を減らして心臓の収縮力を弱めて、血圧を下げる
  • α遮断薬
    血管を収縮させるα受容体とノルアドレナリンの結合を遮断することで、血管を拡げて血圧を下げる

これらは検査結果や症状などによって処方されます。

どれか1種類で十分な効果が得られない場合、複数の薬を併用する場合もあります。

高血圧改善の薬は副作用にも注意

薬は医師の診断によって処方されるので、それを信頼すべきところですが、念のため副作用について以下のような点も頭に入れておきましょう。

  • カルシウム拮抗薬
    動悸や頭痛、ほてり、便秘などの可能性あり
  • アンジオテンシンII受容体拮抗薬
    肝臓と腎臓で代謝・排泄されるため、これらの重障害者は要注意。妊娠中・授乳中は使用不可。
  • ACE阻害薬
    空咳が出る。腎臓で排泄されるため腎障害者は使用不可。
  • 利尿薬
    成分によって異なり低カリウム症や尿酸値が高くなるなどの副作用が出る場合あり
  • β遮断薬
    血糖や脂質の代謝が悪くなる場合あり
  • α遮断薬
    初期的に目眩や動悸の可能性あり

これらの副作用は、可能性のある主なものであり、ヒトによって異なりますし、他の作用が発生するケースもないとはいえません。

 
誰にでもできる高血圧の改善なび