様々な疾患の元になる高血圧を改善するための知恵

HOME » サイレントキラーと呼ばれる高血圧とはなにか » 懸念される合併症

懸念される合併症

このページでは脳出血・脳梗塞・動脈硬化・心筋梗塞・腎不全・腎硬化症・糖尿病など高血圧が引き起こす合併症について紹介します。

心臓に関連する高血圧の合併症とは

高血圧の合併症を紹介血圧が高いということは、血液を送り出すポンプ役の心臓にとっても高い負荷がかかる状態。

その心臓に関連する合併症には以下のようなものがあります。

■心肥大

血液を送り出すのに大きな力が必要になると、心臓の筋肉が厚くなって全体的に大きくなってしまうのです。

これを高血圧性心肥大といいます。

■心不全

心臓の働きが弱ると血液の循環が悪くなったり血液が淀んだりします。

こうした状態をうっ血性心不全といいます。身体のむくみや動悸・息切れといった症状が出るのが特徴です。

■心筋梗塞・狭心症

心臓の筋肉につながる血管が詰まってしまう状態が心筋梗塞

詰まるまでいかないものの血流が悪くなるくらい血管が狭くなった状態を狭心症といいます。これらは動脈硬化が原因です。

脳に関連する高血圧の合併症とは

脳には無数ともいえる毛細血管があるため、血圧が正常値より高くなると様々な悪影響が出てしまいます。その脳に関連する合併症には以下のようなものがあります。

■脳梗塞

脳内で動脈硬化が起きると血流が悪くなり脳梗塞を発症します。

動脈硬化は脳だけでなく首の頸動脈でも脳梗塞になることがあります。

■脳出血

動脈硬化は血管の破裂や出血につながります。これが脳出血クモ膜下出血です。

腎臓に関連する高血圧の合併症とは

腎臓には糸球体という濾過装置に細かな血管が集まっていることもあり、高血圧に伴って以下の合併症のリスクが高まります。

■腎硬化症・腎不全

高血圧によって糸球体の血管に動脈硬化が起きると糸球体も硬化してしまいます。これが腎硬化症です。

腎臓は老廃物を濾過して排泄する働きをする器官で、腎臓が硬化してその機能が低下した状態を腎不全と呼びます。

■糖尿病

腎臓は糖尿病とも関係があります。高血糖も糸球体の血管を硬化させるので、濾過機能を低下させて尿毒症などを引き起こすのです。

 
誰にでもできる高血圧の改善なび